選挙 5日目 なかなか届かない、生活者の声を届けるために

2019年4月2日 22時22分 | カテゴリー: 活動報告

こんばんは、平田いくよです。

選挙期間中は朝7時から、20時まで活動しています。

子どもたちは保育園の延長と、神奈川ネットを応援してくださっている方に助けていただいています。だいたい17時に保育園のお迎え、うちで食事と遊んでいただいています。私は21時までに帰宅します。子どもたちには普段の生活と変わっているので、体調面だけでなく、メンタル面も大丈夫か、とても気にかかります。

メンバーとも、子どもが今朝少し咳をしていた、今は平熱。選挙期間中、子どもが熱を出したらどうするか、相談しました。夫も会社を休めず、残業の日々です。

(早く帰れるなら帰りたい。そばにいてあげたい。)こんな夜遅くに帰ることが良いとは私自身も思っていません。

シングルの家庭、貧困世帯のために労働条件が悪い中、やむなく夜遅く働いている多くの人(病院など夜勤がある仕事もたくさんあります)。孤独に子育てをしている人、介護をがんばっている人、背景はそれぞれ違っても、孤独な思いを抱えている人、社会から疎外されているような気がする人……。

たくさんの声があります。でも、なかなか議会で議論されない。なぜなら、議会に当事者がいないからです。当事者が行くことができなくても、きちんとその声を届ける。私は、地域で困っている人の声を聴き、生活者の声を届けます!その役割を担うために、私はこの選挙に絶対勝ちたいのです!ぜひ、平田いくよを議会に送ってください!